フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« リンチ・デザインのスピーカーのハナシ | トップページ | 「人工デイヴィッド・リンチ」を作るには »

2010年5月22日 (土)

ついに登場! リンチのアクション・フィギュア

Davidlynchactionfigure そのうちそんなことになるんじゃないかと思ってはいたのですが、やっぱり出ました、デイヴィッド・リンチのアクション・フィギュアであります。御大そっくりかっちゅーとちょいとビミョーな感じもありますが、ちゃんとシャツのボタンは首までとめてるし、コーヒー持ってるし、夜のハイウェイだし、デニーズだし、確かにこれはデイヴィッド・リンチです。

 

Jimjarmusch 製作者は米国ワシントン州在住のMike Leavitt氏。氏の公式サイトに行くってーと、Leavitt氏が作成した一連のアクション・フィギュアの数々が掲載されています。ご覧のとおり、題材とされているのは映画監督や画家をはじめとする芸術方面の著名人からストリート・アーティスト、歌手からジャズ・ミュージシャンまでと多岐にわたります。ジム・ジャームッシュやヒッチコックやジャクソン・ポラックやダリなんかはともかくとして……

 

Hbosch このヒエロニムス・ボスとなると、ナニをどーしたもんやら、もーさっぱりわかりません(笑)。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

公式サイトでは、「芸術は退屈で古臭い。普通の芸術を作るのはイヤだ(Art is boring and stuffy. I hate making normal art)」という氏の宣言が掲載されています。

自分はむしろキャンヴァス以外のものに色を塗りたいし、可動部分のない彫刻は作りたくない。寝とぼけたような現代芸術の世界には飽き飽きしているし、金持ちやオタク的な美術史学者や美術業界誌のために作られる「内輪受けのジョーク(insider joke)」にもウンザリだ。自分が想定しているのは、自分の作品が家の居間に置かれることだ。美術館に置かれることではない。

てなわけで、おもちゃ(Toy)と芸術(Art)の境界をとっぱらったアクション・フィギュアということなんでございますね……と個人的には納得したのでありました。この方向っていうとすぐに連想されるのが村上隆氏の諸作品なわけでありますが、Leavitt氏にはぜひ村上氏を題材にしたクロス・カウンター気味(笑)の作品をばお願いしたいなーと愚考する次第。

なお、Leavitt氏のサイトでは$400から$1000ぐらいで作品の販売も行われておりますが、デイヴィッド・リンチのフィギュアの値段については「お問い合わせください」となっております。すべてワン・オフものであるからして早いモン勝ちなわけでありましょう、きっと。家にあるゴジラやらガメラやらヘル・ボーイやらリング・レイスやらサウロンやらのフィギュア(持ってるんだよ、悪いか)と並んでリンチ御大が並んでいる光景を想像すると(それこそLeavitt氏が想定しているよーな状況であるよーな)、ちょいとそそられるモノがあるんでございますが、はてさて、どーしたもんでありましょーか。

« リンチ・デザインのスピーカーのハナシ | トップページ | 「人工デイヴィッド・リンチ」を作るには »

デイヴィッド・リンチ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215302/48423827

この記事へのトラックバック一覧です: ついに登場! リンチのアクション・フィギュア:

« リンチ・デザインのスピーカーのハナシ | トップページ | 「人工デイヴィッド・リンチ」を作るには »

最近のトラックバック