フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「ツイン・ピークス」の建物シリーズ(だったんかい!) その2 | トップページ | 4月8日は「ツイン・ピークスの日」 »

2010年4月 3日 (土)

「デイヴィッド・リンチによる福音書」で神の愛を

えー、「福音書」っつーのは、平たくいうとイエス・キリストの言葉をその弟子たちが伝えるものであります。新約聖書に収められた「マタイによる福音書」「マルコによる福音書」「ルカによる福音書」「ヨハネによる福音書」とか、その他「トマスによる福音書」なんかが超有名(っていうのか?)。

しかし、どうやら現代におけるキリスト教伝道の方法論は非常に多様化してきているよーで、米Amazonなんかをみてみるってーと、「~による福音書(The Gospel According to ~)」とゆータイトルの本がなんかやたら出ております。それも「シンプソンズによる福音書」だとか「スター・ウォーズによる福音書」だとか「ディズニー映画による福音書」だとか「ハリーポッターによる福音書」だとか「ビートルズによる福音書」だとか「ブルース・スプリングスティーンによる福音書」だとか、人目を引くようなネタはすべて伝道に活用されてる感じ。はては「スターバックスによる福音書」とか「Twitterによる福音書」とかまであって、もーここらへんになるとどーゆー内容やら俄かには想像不能で、いやもう奥が深い。

キリスト教関連の出版物を出している会社はいくつもあるよーですが、Westminster John Knox社というのがその代表格っぽい様子。でもって、そこの新刊タイトルが「Halos and Avatars -- Playing Video Games with God」っつーんですから、もー正直なんでもアリな印象も受けます。でも、きっとそんなの、不信人者の気の迷いに決まってます。

……とまあ、このよーな流れのなかで、シカゴ在住のGrant Elgersmaさんが「デイヴィッド・リンチによる福音書」という本を書くことを思いついたとしても、まったく不思議はありません。ありませんったら、ありません。

「何か好きなものがあれば、誰もがそれについて語りたいと思うものだ。キリストを愛する者が、同時に『シンプソンズ』や『ロスト』といった番組を楽しんでいるのは、まったく驚きではない。アメリカの平均的なキリスト教信者像は、平均的なアメリカ国民像と大きくかけ離れているわけではないのだ」

……と、キリスト教関連Web雑誌「Catapult Magazine」のコラムでElgersmaさんは語ります。ううむ、「リンチ好き」なのが「平均的なアメリカ国民像」とどれだけズレているかっちゅー議論もあるかとは思いますが、つまりElgersmaさんはリンチ作品の大ファンで、それとあわせて「キリストへの愛」について語りたいわけですね。しかし、どーやって?

Elgersmaさんの主張によれば、「リンチによる福音書」の核となるのは、「Catching The Big Fish」に収録されている「イレイザーヘッド」関するリンチ自身の言及であります。

「(前略)『イレイザーヘッド』は自分のなかで確かに育ちつつあったのだが、それが何を意味するのかがわからなかった。シークエンス群が言わんとしていることを解き放つ鍵が見つからない。完全に五里霧中というわけではないものの、何かしら全体を結び合わせるものを思いつけず、暗礁に乗り上げてしまった。で、私は聖書を手に取り読み始めることにした。ある日、私はある一節に行き当たり、聖書を閉じた……これだ、これがそうなのだ。ようやく私はすべてのつながりを見つけ、全体を見渡すことができた。
それがどの一節であったのかを話すつもりはない」

おお! 「I saw the light!」な感じで確かにまんまでありますね。しかし、Elgersmaさんも認めているように、「どの一節であったのかを話すつもりはない」という時点で、ちょいと伝道目的として使うには弱い感じがします。本来ならその一節をとりあげて、具体的に「神の愛」について語りたいところなんでしょうけど、それを許さず肝心なところをぼやかしてしまうあたりが、ファンなら重々承知しているいつもながらの「そうはイカのデイヴィッド・リンチ」であります。

にしても、宗教関係の方だけあって、さすがにElgersmaさんは真面目だなーと思ったのが……

「明らかにリンチは、それがどの一節であるか明らかにしたくないと思っている。であるならば、『デイヴィッド・リンチによる福音書』などという本を書きリンチ作品について論じることは、創作者の意に反していると言わざるを得ない。また、創作者の意図はおくとしても、そもそもこのような本が映画鑑賞者の利に資するだろうか。映画作品に関してコメントすることで、私の『福音書』は、その作品の意味するところについて間違った考えを読者に伝えてしまう可能性もあるのだ」

……という言及でした。というわけで、残念ながら、当面「デイヴィッド・リンチによる福音書」が刊行されることはなさそうです。でも、んなもん、プロ・アマ含めて(もちろん大山崎も含めて)、みんなリンチについて好き勝手なことを言ったり書いたりしておるわけで、どんどんやっちゃっておヨロシイのではないのでしょーか……と、海の向こうから無責任にけしかけてみる春の日の午後なのでありました。

« 「ツイン・ピークス」の建物シリーズ(だったんかい!) その2 | トップページ | 4月8日は「ツイン・ピークスの日」 »

デイヴィッド・リンチ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215302/47984441

この記事へのトラックバック一覧です: 「デイヴィッド・リンチによる福音書」で神の愛を:

« 「ツイン・ピークス」の建物シリーズ(だったんかい!) その2 | トップページ | 4月8日は「ツイン・ピークスの日」 »

最近のトラックバック