フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (13) | トップページ | 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (15) »

2007年10月25日 (木)

「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (14)

ボチボチと落穂拾いのメモ書き。

「インランド・エンパイア」を「映画についての映画」として捉えたとき、ザブリスキーおばちゃん演じる「訪問者1」のニッキーに対する長演説(0:13:10)もまた、「映画」についての事柄を含意しているように思えてくる。それは「ON HIGH IN THE BLUE TOMORROWS」という一作品のことに留まらず、「映画というメディア」についてという意味合いにおいてだ。

以前述べた「行為には結果が伴う(There are consequences to one's actions.)」とか「払われていない支払い(An unpaid bill that needs paying.)」とかもそうなのだが、扉を越えた少年が観た「世界(world)」だの、そのとき生じた「影(reflection)」*だの、少女がその裏道を通って宮殿へと至った「市場(marketplace)」**だの、キー・ワードの枚挙にはいとまがない。

ロケーションやセットや演技者のスケジュールの関係で、作品内の時系列とは関係なく撮影が行われるのは、ごく普通のことだろう。何年もの時間が離れているシーンであっても、同じロケーションなら続けて撮影が行われる(If it was tomorrow you would be sitting over there.)。一日二日の違い(if it's today, two days from now, or yesterday)など、かわいいものだ。極論すれば、「伏線」よりもその「回収」のシーンのほうが先に撮影されることがあっても、なんの不思議もない(if today was tomorrow....you wouldn't even remember that you owed on an unpaid bill.)。まるで「忘却」されたがごとく、事の起こりがないまま事の結末が撮影される。ここで訪問者1によって述べられているのは、映画に関する「時間と場所」全般のことだ。

しかし、そもそもこの「訪問者1」とは何者なのか? まるで予言するかのごとく、作品内容について「あなたは間違っていると思う(I think you are wrong about that.)」などと当の作品の出演(予定)者に対して言い放つ、この老婆は?

「映画」がその創生からずっと、基本的に「投資と回収の対象」であり「商品」であり続けてきたことは以前も触れた。「商品」であるからには、売らなければならないのが当たり前である(そのこと自体の是非を問うのは、ナィーヴ過ぎる)。売るほうは、あの手この手で観客を呼び寄せようとし、「商品」についての「情報」を流す。だがそれはあくまで「売るための情報」であり、「作品についての情報」そのものであるかどうかは微妙な問題であるといえる。「インランド・エンパイア」について書かれた各種の紹介記事***をざっとみるだけでも、そのあたりは検証可能だろう。「あなたは間違っていると思う」と言い放つ老婆が、そこにはいはしないか?

また逆に、出来上がった作品に対してどのような「解釈」がされようと(それが実際の「作品」として提出されているものと矛盾しない限り)、それは有効であることは間違いない。はたして「ON HIGH IN THE BLUE TOMORROWS」は、残酷な殺人(Brutal fucking murder!)が出てくる作品であるのか、ないのか? それを決めるのは、誰なのか?

どうだろう。我々は、毎日のように、いろいろな形で「老婆の訪問」を受けているのではないだろうか? そして、このブログ自体も、実はそうした「老婆の一人」だといえるのではないか?

(落穂拾いは続く)

*我々は、スクリーンからの「反射(reflection)」によって映画を観ている。

**これは「いちば」なのか? それとも「しじょう」なのか?

***「シュールな幻想スリラー」などというのはまだマシなほうで、「謎の都市インランド・エンパイア」という紹介記事に至っては、実際に作品を観た身としてはまったく理解不能だ。栄誉金獅子賞はリンチ本人が受賞したんであって、「インランド・エンパイア」という作品が受賞したわけではありませんので、念のため。

« 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (13) | トップページ | 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (15) »

インランド・エンパイア」カテゴリの記事

「インランド・エンパイア」を観た(X回目)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (14):

« 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (13) | トップページ | 「インランド・エンパイア」を観た(X回目) (15) »

最近のトラックバック