フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「インランド・エンパイア」を観た(1回目) (6) | トップページ | 今年もやります「ツイン・ピークス・フェスティバル」 »

2007年6月17日 (日)

「Catching The Big Fish」をば読む (1)

いろいろ忘却の彼方に向かいつつある「インランド・エンパイア」なのだが、知り合いの某氏がそろそろ試写会に行くころだと思うので、それぞれの記憶を持ち寄ればなんかしら補完できるかもしれん(笑)。ということは、某氏は外部記憶装置か(笑)。いずれにせよ、本格的なアレコレは、劇場で再見してからのお楽しみかな(あるいは8月に北米版DVDが届いてから、かな?)。

catchingbigfish

それはそうと、リンチの著作である「Catching The Big Fish : Meditation, Consciousness, and Creativity 」を今頃になってやっと読み出した。年頭に米アマゾンから届いた後ほったらかしにしてあったのは、個人的には「瞑想」とかになーんも関心がないからだ。リンチの「瞑想」への傾倒は以前から知ってはいたが、「アイデア出し」に使ってくださってる分には別にこちらが文句を言う筋合いもなく、まあ、好きなようにやってくださいという感じで一歩引いていた。昨年あたりから実生活でもそっち方面の活動をしている様子だが、そこはそれ、いい大人のやることだし、リンチにはリンチの人生があるし……って、思いっきりエラそうですね(笑)。

ところがいざ読み出してみると、案外「瞑想がどーのこーの」というくだりは少なく、むしろ映画に関する具体的な記述のほうが多い。すでに知っていたことも多いのだけど、しまった、敬遠せずにもっと早く読んでおけばよかった。

あまり「言語」が得意でないリンチのことなので(この本の中で自分でも認めてたりする)、「具体的」といっても、特に難解なことを言ってるわけではない。ただ、このブログでリンチに関して書き散らしたのとよく似たようなことを、リンチが自分自身で書いてたりするのな。いや、それこそ文句をつける筋合いでもなんでもないんだが(笑)、あー、やっぱりとっとと読んどけばよかった。

とりあえず半分ぐらい読んじゃったのだが、まあ、ボチボチ読み進めることにする。

« 「インランド・エンパイア」を観た(1回目) (6) | トップページ | 今年もやります「ツイン・ピークス・フェスティバル」 »

デイヴィッド・リンチ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215302/15465879

この記事へのトラックバック一覧です: 「Catching The Big Fish」をば読む (1):

« 「インランド・エンパイア」を観た(1回目) (6) | トップページ | 今年もやります「ツイン・ピークス・フェスティバル」 »

最近のトラックバック